ウォーターサーバーがレンタルするのが一般的なのはなぜなのか


ウォーターサーバーの利用が始まった初期にはサーバー本体を購入することが多かったものの、現在ではレンタルするのが一般的になっています。なぜウォーターサーバーのレンタルが主流になったのでしょうか。その理由について簡単に解説した上で、ユーザーの視点から考えてどのようなメリットがあるかを紹介します。また、このような状況があることを踏まえてウォーターサーバーの選び方のポイントも説明します。

レンタルが主流なのはビジネスモデルの影響がある

ウォーターサーバーのレンタルが主流になっているのはサーバー本体を製造している企業側の都合による部分が大きくなっています。ビジネスモデルを考えたときにレンタルであれば運用できるという点に着目し、ウォーターサーバーのレンタルに特化した事業が多くなりました。その影響でウォーターサーバーの販売をしている企業のシェアが狭くなったというのが現状です。ウォーターサーバーを販売してしまうと企業としては一時的に利益が得られるだけで、継続的な収益を確保するのが困難になります。しかし、レンタルをすれば企業は継続的に収益を得られるようになり、さらに水を販売できれば囲い込みが可能です。このようにして安定利益を得られるようにすると考えられ、ウォーターサーバーのレンタル事業が活発に展開されています。

レンタルなら衛生面や故障の心配が少ない

ユーザーサイドから考えるとレンタルのメリットは衛生面の心配が少ないことが挙げられます。レンタルしているウォーターサーバーが安定して衛生的に稼働できるようにする責任は企業とユーザーがシェアすることになります。衛生面については日常的な清掃はユーザーが行うことが求められますが、本体の内部の衛生面は企業側が責任を負うのが一般的です。定期的にメンテナンスに来てくれたり、本体ごと交換したりして対応してくれるので安心して利用することができるでしょう。故障などについてもユーザーが気にかける必要がなく、壊れてしまったら企業側に連絡をして修理や交換の対応を無料でしてもらえるのもメリットです。

レンタルは水と機能とサービスをセットで考える必要がある

レンタルをするときには快適に使えるようにするのにコツがあります。ウォーターサーバーの選び方をどうするかと考えるよりも、レンタルサービスを提供している企業としてどこを選ぶかを考える必要があるのです。どの業者でもウォーターサーバー本体をレンタルし、そのサーバーで利用できる水のボトルを定期的に宅配しています。そして、付随するサービスについても企業が独自性を重視して提供しているのが実態です。そのため、サーバー本体が持っている機能やサイズなどに加え、利用できる水の種類、受けられるサービスの概要を総合的に考えて選ぶ必要があります。それに加えて料金がリーズナブルで経済的に問題ないかも加味して決定することが重要になります。レンタルサービスになったことでウォーターサーバー本体とそれ以外を別々に考えることができなくなったということは念頭に置いておきましょう。

レンタルのメリットを生かせるように選ぼう

ウォーターサーバーはまだ購入できないわけではありませんが、レンタルが主流になった影響で今後は販売されているサーバーで使用できるボトルを調達できなくなるリスクもあります。これからウォーターサーバーをずっと使っていくにはレンタルして利用するようにしましょう。レンタルのメリットは監理の負担が小さいことです。そのメリットを生かしつつ、納得できるサービスを受けながらおいしい水を飲めるようにウォーターサーバーの提供企業を選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーのレンタルをお考えならこちらで比較するのがオススメ
ウォーターサーバー徹底比較.com