the118118team.com

多くの利用者に支持されるシンプルウォーターの特徴と魅力を解説


手軽に利用できてお得な宅配水サービスの1つに、シンプルウォーターがありますよね。
いろいろなライフスタイルに対応できるシンプルウォーターの宅配水に対しては、利用者から称賛する声が相次いでいます。
ではなぜシンプルウォーターがそこまで高く評価されているのか、シンプルウォーターの特徴や魅力について解説します。

富士山の大自然の恵みを受けた鳴沢森林水が届く

シンプルウォーターが届ける宅配水は、富士山の恵みを受けた鳴沢森林水です。
ミネラルをたっぷりと含んでいるバナジウム天然水でしかも非加熱処理ですから、ミネラル成分がそのままの状態で届きます。
現代に生活する人はどうしてもミネラル不足に陥りやすいですから、水などでミネラルを積極的に摂取していきたいですよね。
シンプルウォーターの宅配水なら、その望みを叶えてくれます。

しかも鳴沢森林水は口当たりが良くて美味しいですし、何気なくゴクゴク飲めるのも魅力の1つです。
ミネラル不足を解消できてしかも美味しいのが鳴沢森林水で、シンプルウォーターの評判の良さにつながっています。

毎月のノルマがないから使う量に合わせて利用可能

宅配水サービスを利用した際にありがちなのが毎月のノルマですが、シンプルウォーターには利用者にとって負担になるノルマが存在しません。
シンプルウォーターの宅配水は定期契約ではあるものの、ノルマは定められていないので気楽に続けられます。

使う量に合わせて追加で注文したり、あるいは届ける予定の宅配水をキャンセルしたりなど、どちらとも制限なく手続きすることが可能です。

一言に宅配水サービスを利用するといっても、利用者のステータスやシチュエーションによって使う量はそれぞれ異なるのが一般的です。
一人暮らしをしている方や独身者なら使う量はそれほど多くなりませんが、大家族やオフィスで利用するなら使う量は多くなります。
シンプルウォーターはそのどちらにも対応するサービス形態ですので、使う量に合わせて適切な使い方ができます。

追加やキャンセルを行うための手続きの窓口となるマイページは休みなくいつでも対応してくれますし、とても利用しやすいのがシンプルウォーターの魅力です。

冷水も温水もすぐに飲めるから便利

夏の暑い日には冷水、冬の寒い日には温水を欲しくなるものですが、シンプルウォーターのウォーターサーバーならそのどちらにも対応しています。
冷水は10度前後、温水は80度前後となっており、使用用途に合わせてどちらも便利に利用できるのがシンプルウォーターの良さです。

そのまま飲用水として使うのはもちろんですが、お茶を淹れたり料理に使ったりする時などに活躍するのはいうまでもありません。
また冷水と温水の両方を活用することで、ベビーのためのミルク作りも簡単にできます。
冷水も温水も質の高い水をそのままいただけるのが、シンプルウォーターの特徴です。

割安な料金プランがお得

宅配水やウォーターサーバーは料金が高いというイメージがありますが、シンプルウォーターは割安でお得な料金プランを用意しています。
シンプルウォーターの料金は、実際に飲む宅配水の料金と別途送料だけです。
初回だけはウォーターサーバー購入費として料金がかかってしまいますが、その購入費が0円になるキャンペーンを行っている場合もあります。
しかも関東をはじめ一部地域は配送料無料となっていますから、それらの地域に住んでいる人ならだいぶお得なのは間違いありません。

それだけお得に利用できるのは、他のサービスと比べてもそうないです。
宅配水を利用すれば水の入った重たいペットボトルを持ち運びする手間が省けますし、割安な料金プランですから利用しやすいです。

ウォーターサーバーを導入するなら比較ポイントを要チェック!


生きていく上で欠かすことができない水。蛇口を捻れば出てきていつでも飲むことができますが、せっかくであれば毎日美味しい水を口にしたい、安全で使い勝手のいいものだとなおいい、そう思っているかたも多いでしょう。
そこで年々需要を高めていっているのがウォーターサーバーです。しかし、たくさんの業者が提供していることもあり、自分に合っているウォーターサーバーは一体どういったものなのか、悩んでいるという声も少なくありません。価格や機能などさまざまな点をしっかりチェックして、自分に合ったものをしっかり選んでいくことが大切です。

好みに合っている美味しい水かどうかが重要

何よりも、毎日利用するものだからこそ美味しい水を飲めるかどうかが最重要。水と一口にいっても成分や産地の違いで口当たりが異なります。もちろん、ウォーターサーバーで利用されているのは有害な物質を含まない安全性の高い天然水ばかりですが、好みは人それぞれです。また、主にどういった用途でウォーターサーバーの水を利用するかによっても適している水が異なってきますので、特徴を押さえて選んでいくといいでしょう。
まず一度、ペットボトルでいろいろな水を購入し、飲み比べてから導入するのもおすすめです。

軟水か硬水かも要チェック

たとえば、コーヒーやお茶を作るのがメインであれば、まろやかで主張をしない軟水が適しています。日本の水の多くが軟水で、日本食に利用するのもOK。味がよくしみて香りもよく立ち相性が抜群です。また、赤ちゃんのミルクを作ったり子どもも安心して飲めるのも軟水になります。
硬水にはミネラル成分が豊富に含まれていることから、健康志向のかたにおすすめです。不足しがちな成分を水から摂取できますし、消化器官に働きかけて便秘解消、動脈硬化予防などにもなるのが特徴。また、洋食を作るのに向いている水です。
ライフスタイルや食生活等を振り返って適しているのもを選んでみてください。

毎月かかる費用を比較

サーバーレンタル自体が無料となっているメーカーも多く、こういった業者を選んでおけば毎月かかる費用も購入した水のボトル代と電気代、それに配送料くらいでしょう。メンテナンス自体もそう頻繁に行われるものではなく、問題がなければ1年から3年に1回から2回程度で、消耗品の交換なども無料のところが少なくありません。
なるべく低料金でウォーターサーバーを導入したいというかたは、こうしたサービス料金ができるだけかからないところを探してください。

ウォーターサーバーのデザインで選ぶ

昨今ではとてもオシャレなウォーターサーバーが増えていて、設置する場所やインテリアに合わせてコーディネートすることができるようになりました。機能はもちろん重要ですが、サイズやデザイン、カラーなども見比べてみてください。
台所のデッドスペースにすっぽり収められるスリムサイズ、卓上に置けるサイズなど、実際に利用することを想定してみましょう。

ボトルが使いきりか毎回回収するシステムか

水の入っているボトルが空になった際に利用者側で処分をするか、業者が配送の際に空になったものを回収するかもメーカーによって異なります。
どちらも衛生面での管理が徹底されているためちょっとした手間の違いですが、長期間利用することを考えて面倒と感じないほうを選ぶのもポイントです。ただ、空きボトルを回収しなければならない場合には、業者が来るまで保管する必要があるためそれなりにスペースを取ります。部屋に余裕がない場合には使いきりボトルがおすすめです。

昨今のウォーターサーバーは機能にも優れており、リーズナブルな費用で設置できるようになりました。それぞれのメーカーで提供されているものの特徴をチェックして、気持ちよく使い続けられるものを見つけてください。

ウォーターサーバーは生活利便性の向上にメリットのあるアイテム


h2>ウォーターサーバーはコスト以上にメリットがある

自宅にウォーターサーバーを設置することは、日常生活で水の活用を便利にするメリットがあります。
ウォーターサーバーの設置には、サーバーのレンタル費用、水の購入にかかる料金などのコストが必要です。
そのため「スーパーで水を購入すれば問題ないのでは」と考えがちですが、ウォーターサーバーにはコスト以上に、生活利便性を向上させるメリットがあります。
各メーカーのサービスや特徴を比較して、よりコストパフォーマンスの高いウォーターサーバーを自宅に導入すれば、メリット面をさらに大きくすることも可能です。

美味しい水を常に利用できる

水道水を利用するよりも、天然水のようなクリアな水の方が、飲料水や料理で美味しい味が楽しめます。
日々の水が良質であることは、家族の健康にとって大切な部分です。
普段はジュースを飲みがちな子供が、水の美味しさに目覚めるきっかけになる期待もできます。
健康的で安全な水を子供が利用することは、親にとっても安心感につながります。
健康面以外でも、ウォーターサーバーの水は、家族全体が日常を快適に過ごすための活力源になります。
コーヒーやお茶を入れる際には、美味しい水を使えば味が引き立ちます。
お米を炊く時の水や、料理で質の高い水を利用することは、食材の旨みをアップさせる秘訣です。
また、ほとんどのウォーターサーバーの特徴として、冷水と温水の両方がすぐに使えるメリットがあります。
わざわざ水を沸騰させる必要もなく、食事を作る際の時間短縮になります。
家庭の主婦にとって、効率的に料理できることは、家事の負担軽減につながるメリットがあります。
もちろん、できるだけ早く飲食したい家族のニーズにも対応できます。
ウォーターサーバーで使う水に関しては、メーカー各社で異なります。
自然の水をボトリングした「天然水」と、不純物を人工的に除去した「RO水」がありますが、どちらに関してもクリアな水です。
但し、美味しさや質の程度は違う部分もあるため、根本である水の選択は、ウォーターサーバー選びで必ず意識しておきたい部分です。

負担が軽く環境にも優しい

健康的な水として、スーパーやコンビニで市販されているペットボトルを利用している家庭は多いです。
良質な水が利用できますが、その一方で、毎回購入するのは労力がかかります。
家族人数が多ければ、その分ペットボトルの水の消費量も多くなるため、買い出しの頻度が増えます。
料理に使用する場合は、さらに消費量が増え、すぐに水がなくなる状況になりがちです。
ペットボトルの水は重いため、毎日の買い物で持ち運びにはかなりの負担を要します。
しかし、ウォーターサーバーを利用すれば、宅配で水が自宅に届くため買い出しが不要になり、労力や手間の削減に役立ちます。
特に忙しい主婦にとって、自宅にいながら美味しい水が手に入るのは大きなメリットと言えます。
また、ペットボトルの場合は、消費量が増えるほどゴミの量が増える点も面倒です。
ウォーターサーバーのボトルであれば容量が大きいため、全体としてゴミの削減にもつながります。

非常時にも便利な備蓄水

災害などの非常事態が発生した場合に、飲み水の確保は重要な項目です。
災害時では、一時的に水道水がストップしたり、スーパーやコンビニの飲料水が品薄になることがあります。
ペットボトルの場合は自宅に備蓄があっても、一本の容量が少ないため、緊急事態に足りなくなる可能性があります。
しかし、ウォーターサーバーであればボトルの水の容量が大きく、備蓄水としての活用も期待もできます。
ボトルは定期的にまとまった本数が送られてくるため、水の確保に不便な状態が続いても、備蓄水でしのぐことが可能です。
水道水はすぐに復旧したとしても、災害によって流通が寸断されてしまえば、店頭でミネラルウォーターを購入することができなくなるケースもあります。
ウォーターサーバーのボトルは、災害向けの備蓄水として安心感をもたらすメリットがあります。

ウォーターサーバーを比較するのが大事な理由


これから初めてウォーターサーバーを使ってみたいと思っている人の中にはどうやってウォーターサーバー選びをすれば良いか分からないという人も多いかと思います。
それはやはり使った事がない物を選ぶ時はどうやって選べば良いか分からないというのがあるからです。

では、実際にどのようにしてウォーターサーバー を選べば良いかというと大事なのはしっかり比較して選ぶのが大事です。
そうすればどのウォーターサーバー が良いか悪いかも見極める事ができます。

ウォーターサーバーの比較はどうすべきか

実際にウォーターサーバーを選ぶ時はどのようにすれば良いかというとしっかり比較をして選ぶのがおすすめです。
比較をして選ぶことでどこが良いかというと、数あるウォーターサーバーの中でも良い点と悪い点がしっかり分かるというのがあります。

なので、真剣にウォーターサーバーを選ぶ気があるならまずはしっかり色んな会社のウォーターサーバーを比較をする事が大事です。
では、実際にウォーターサーバーの比較をする時はどのようにして比較をするのが良いかというとまずやるべきは各社のウォーターサーバーの月額料金を
見て比較をするのがおすすめです。

それはやはりどこのウォーターサーバーを選ぶかでコスパも違ってくるからです。
なのでまずはしっかりどこのウォーターサーバーが良いか見極めるのが大事です。

また、ウォーターサーバーの選び方で大事なのは月額料金だけではないです。
それはどこのウォーターサーバーのデザインが良いかという点になります。

実際どこのウォーターサーバーを選ぶかでデザインもかなり違ってきます。
なのでどこのウォーターサーバーのデザインがより自分の好みに合っているかを見るのはかなり大事です。

それをやらないでなんとなく選んでしまうとあまり好みではないウォーターサーバーを選ぶ事になります。
なので、まずはしっかりどこのウォーターサーバーなら自分の好みのデザインのウォーターサーバーがあるか比較する事が大事です。

また、どこのウォーターサーバーを使うかで機能の違いもあるのでそこも比較する必要があります。
意外とどこのウォーターサーバーを使うかで機能もかなり異なってくるのでそこはしっかり見極める事が大事です。

ウォーターサーバーは価格の比較だけだと失敗するのか?

つい月額料金がどれくらいかを考えてしまうというのがありますが、ウォーターサーバーを使う時は単純に月額料金だけで
選ぶようにしない方が良いです。

なぜなら、単純に月額料金だけで選んでしまうとウォーターサーバーの見た目も全く違いますし水tの宅配に関しても
条件が違うというのがあります。

なので、しっかりどこのウォーターサーバーの条件が良いかもしっかり見ていく必要があります。
ウォーターサーバーに限らずつい料金の安さだけを見てしまう事がありますが、そのような選び方をしていたら肝心のウォーターサーバー自体は
そこまで良い物を選べないという事があるので料金だけ見て選ぶというのは避けるべきです。

それだけ見てウォーターサーバーを選んでしまうと実際にウォーターサーバーを使うようになってから思ったほど満足できないと感じる人も
意外と多いです。なので、ウォーターサーバーを選ぶ時は単純に料金だけで選ばない方が良いです。

なので、単純に料金だけでウォーターサーバーを選ぶのはやめた方が良いです。
どこのウォーターサーバーならより自分に合っているかの比較が重要です。

意外と多くの人がどこのウォーターサーバーでも大差ないと思っているというのがありますが
そんな事はなく自分にとってどこが一番良いかをしっかり比較するためにもできるだけ多くのウォーターサーバーの業者を調べる事が大事です。

ウォーターサーバーで水素水を選ぶメリットやデメリットの紹介


ウォーターサーバーは、天然水や純水など配達する水にこだわったサービスを多く展開しています。
そんなウォーターサーバーで水素水を選ぶメリットやデメリット、オススメしたい人、そしてそもそも水素水とはどんなものなのかを紹介しまとめました。

そもそも水素水とは

そもそも水素水とはどんなものなのでしょうか。
一言で言うと、水に大量の水素を溶け込ませた水のことです。
単独の水素自体はもともと少量ではありますが、水に溶け込んでいます。
しかし、水素単独の成分をより多く溶け込ませたり、あるいは水素の成分を特殊な製法で限界(飽和濃度)を超えたりして製品化したものがあり、それが水素水として販売され、サーバーで生成される機能がついたものが販売されているのです。
通常の水よりも多くの水素が含まれている水をウォーターサーバーに入れるとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
そんな疑問について紹介します。

ウォーターサーバーで水素水を選ぶメリット

ウォーターサーバーで水素水を選ぶメリットは、水素水のメリットを気軽に体験できること、新鮮な水素水が飲めること、たくさん使えることです。
水素水は、水素を多めに入れることで抗酸化作用がついた水と言われている水です。
水素と言う言葉から、可燃ガスを連想し、体内にたくさんあると良くないのではと思う方もいますが、すぐに分解されるため、安心して飲めます。
そういった理由からアンチエイジングの水である水素水を気軽に利用できるのは大きなメリットです。

新鮮な水素水を飲めます。
水素水は、基本的にパウチ包装など他のミネラルウォーターと異なるパッケージがされていることがほとんどです。
これは先ほども触れたとおり、成分が分解されやすいという特徴によるものです。
このように分解されやすい水素水をサーバーで作って飲むことができるというのは大きなメリットと言えます。
製造していくら高濃度の水素水を作っても、手元に届くころには成分が失われてしまっていることも少なくありません。
しかし、目に見えるものでもありませんし炭酸のように発泡している訳でもないので、失っているかどうかすら不明なのです。
一方水素水サーバーであれば、自分の目の前で作られた水がサーバーから出てきますから、確実に新鮮な水素水を飲めるというのは大きなメリットと言えます。

たくさん使える点も注目です。
サーバーで水素水を作っているので、水さえ用意できれば、大量に自宅で使えます。
お風呂の水に使うのは難しいかもしれませんが、少量をちびちび飲む必要なく、家族で飲み放題飲めるのです。
水素水の製品自体高額なので、やや敷居が高いですが、サーバーであればたくさん飲めますし、これも水素水をウォーターサーバーで飲むメリットと言えます。

ウォーターサーバーで水素水を選ぶデメリット

メリットが多いウォーターサーバーで水素水が飲めるモデルですが、デメリットもあります。
それは、若干他のウォーターサーバーに比べると高額であること、そして味がそこまで変化しないことです。

水素水を作れる機能が備わっているため、どうしても月額料金が高めです。
最低でも1割程度、高いものでは倍近い金額のものすらあります。
こういった経済性の面では弱さがあります。

サーバーに限ったことではありませんが、水素水だからと言って味がとてもよくなったり、香りがついたり、あるいは発泡するということはありません。
あくまで水素が入った水と言うものなので、味は通常の水と同じという点もデメリットになります。

ただ、抗酸化作用が期待できる水素水を自由に飲めるのは大きなメリットであり、コストの高さも個別に買うことを考えるとそこまで大きなデメリットではありません。

ママも大助かりのウォーターサーバー


出産をきっかけに普段飲む水を考え直す家庭が増えています。ママになり家族が増えると、普段飲む水の購入方法を変えたいと思う方が増えるでしょう。ここでは、ウォーターサーバーを導入することでママが得られるメリットを紹介します。

重たい買い物の必要なし

今まで、ドラッグストアやスーパーでミネラルウォーターを購入していたという方は多いでしょう。子供が生まれると、ミルクや離乳食など安全な水を使う必要性が増えます。水道水を煮沸するだけでは、まだ残留化学成分は消えません。そのため、ミネラルウォーターを頻繁に購入しなければならなくなるのです。小さい子供を抱えながら、何度もミネラルウォーターを買いに行くのは大変で、大量に出るペットボトルごみのことも考えなければなりません。ウォーターサーバーの水は宅配のため、都合のいい時に持って来てもらえます。水のボトルをサーバーの下に設置する下置きタイプを選べば、設置も簡単です。

常温から高音まで温度設定も自由自在

ウォーターサーバーは、常に飲みたい温度で飲むことができます。赤ちゃん用のミルクの調乳から、子供に与えたい常温の水までボタンひとつですぐに出すことができるのです。ポットやお湯を沸かす必要がないので、より手軽に水を飲むことができます。湯沸しポットは、子供の火傷などが心配ですが、ウォーターサーバーならチャイルドロックがついているので、子供がいたずらして水を出してしまうという恐れもありません。紅茶やインスタントラーメンなども気軽に作れるので、家事もより楽になるでしょう。

安全な水を飲むことができる

ウォーターサーバーに使われる水は、天然水やRO水が種類です。天然水は地下水を殺菌処理したもので、水が綺麗な産地から採取されています。一方、RO水は水道水を超微細フィルターを使って不純物を取り除いたものです。ミネラルなども取り除かれるため、ミルク作りにも向いています。ミネラルが豊富で味を楽しめる天然水か、値段がリーズナブルで安全性が高いRO水か、予算や目的に応じて選ぶことが可能です。ウォーターサーバーの会社は、各種検査をして水質検査を行なっています。そのため、安心して飲むことができるのです。市販のミネラルウォーターは、RO式か天然水なのかパッケージを見ただけはわからないことがあります。産地や精製方法が明記されたウォーターサーバーの水は安全度が高いです。

産後の体や子供の健康に

産後の体や子供にとって、シンプルな水を飲むことはとても重要です。甘いジュースや炭酸飲料は、体重増加や虫歯などに影響を及ぼしますが、水であればカロリーもなく安心して飲むことができます。水を飲むことで老廃物の排出などにも役立ち、より健康な体に近づけることができるでしょう。ついつい飲んでしまいがちなジュースを断ちたい方は、ウォーターサーバーで水に切り替えることがおすすめです。

災害時の備えに

災害時にミネラルウォーターを保管しているという家庭が多いです。しかし、ミネラルウォーターには消費期限があり、気づくとその期限をオーバーしてしまうということがあります。5年期限の備蓄用の水は値段も高いです。そんな時にも活躍するのがウォーターサーバー。1日あたり1人3リットルが必要になる水ですが、ウォーターサーバーは1ボトル8リットルから18リットルほどの大容量です。そのため、ウォーターサーバーさえあれば、ミネラルウォーターを何十本も用意しておく必要がありません。普段から消費できるため、消費期限がきて無駄になるということもないでしょう。ウォーターサーバーはいざという時にも活躍する災害の味方です。

ママにとってのウォーターサーバー導入のメリットはたくさんあります。いつでも安全な水を飲むことで、家族がより健康になることでしょう。また、最適な温度で使うことができるので、調乳から食事の準備まで楽になります。ウォーターサーバーは、買い物に行く必要もなく、置いておけばいいだけなので、災害時にも安心して備えることが可能です。お子さんがいるママさんは、ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。